Abstract

Authors

Jomura, M.,Kominami, Y., Kanazawa, Y.

Year

2005

Title

自動開閉式チャンバーを用いて測定された枯死木分解呼吸量の長期変動
Long-term Measurements of the CO2 Flux from Coarse Woody Debris Using an Automated Chamber System

Journal

日本森林学会誌

Volume

87(2)

Page

138-144

DOI

-

Keywords

温度 含水率 枯死木 自動測定 分解呼吸
automated chamber measurements, coarse woody debris, heterotrophic respiration, temperature water content

URL

http://ci.nii.ac.jp/naid/110002975573

Abstract

枯死木分解呼吸の環境要因への反応特性を調べるために, 呼吸量を自動測定するシステムを開発し, コナラの枯死木呼吸量を2年間連続測定した。日単位の呼吸量は, 枯死木表面付近の温度変化に伴い明瞭な日変化を示した。また, 降雨による含水率の上昇に伴い呼吸量は急激に減少し, 降雨後に徐々に増加する傾向がみられた。呼吸量の季節変動は, 温度に対して指数関数的な関係があり, 冬期と夏期の呼吸量の差は約8倍であった。同じ温度下における呼吸量のばらつきは主に材の含水率の変化によるものであると考えられ, 一降雨から次の降雨までの含水率の変化に対して呼吸量は平均約1.5倍程度の変化をみせた。温度を変数とした指数関数と含水率を変数とした2次式を乗じた関数を用いて日平均呼吸量の推定を行ったところ, 呼吸量のばらつきの85%を説明することができ, 温度変化に対する呼吸量の季節変化や, 含水率の変化に対する呼吸量の短期的な増減の再現が可能であった。このように, 枯死木の呼吸量は温度と含水率の時系列変化に伴い, 変化幅が約8倍の季節変化と, 変化幅が約1.5倍の含水率の変化に伴う短期的な変化と, 日変化によって複合的に構成されていることが明らかになった。
The CO2 flux (RCWD) from coarse woody debris (CWD) was measured using an automated chamber system for two years from 2002 to 2003. RCWD showed clear diurnal changes that followed the daily change in surface temperature of CWD. In the short-term, RCWD decreased sharply with increasing water content during rain events and then increased slowly after rain events. In the long-term, RCWD increased exponentially with temperature and the RCWD in summer was about eight times greater than that in winter. The variation in RCWD at the same temperature was caused by variation in the water content owing to rain events. An exponential function using temperature and a quadratic function using water content explained 85% of the variance in RCWD and reproduced the long-term changes in RCWD caused by temperature and the short-term changes in RCWD caused by water content. RCWD showed diurnal, short-term, and seasonal changes with the temporal trends in temperature and water content.

Site

YMS

Remarks

-