Abstract

Authors

溝口康子
MIZOGUCHI Yasuko

Year

2009

Title

林床におけるCO2放出フラックスの変動特性に関する研究
Study on variability characteristics of forest floor CO2 efflux

Journal

森林総合研究所研究報告
Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute

Volume

8(1)

Page

1-50

DOI


Keywords

林床面CO2放出フラックス、自動開閉型チャンバ、応答時間、Q10、拡散プロセス、日変化、季節変化
forest floor CO2 efflux, automatic open / close chamber, response time, Q10, diffusion process, diurnal variation, seasonal variation

URL

http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/kanko/410-1.pdf

Abstract

森林のCO2放出の大きな割合を占める林床面CO2放出フラックスの測定精度を高めるため、多点観測に用いる簡易型CO2センサ出力値の補正法および、長期連続観測のための測定システムの開発を行った。開発された手法を用い、落葉広葉樹林内で林床面CO2放出フラックスの観測を行った。その結果、林床面CO2放出フラックスの温度依存性は、年間を通して一定ではなく、季節により大きく変化することがわかった。また、土壌水分との関係を定量的に評価するためには、拡散プロセスと発生プロセスを別々に取り扱うことが有効であることが示された。林床からの炭素放出量は、特に夏季の温度変化や水分条件の変化によって大きく左右され、対象とする森林の夜間の純生態系交換量の5割を超えることから、夏季の気象条件の変化は他の季節の気候変動よりも、森林全体の炭素収支にも大きく影響を与えることがわかった。
We developed the correction method in outputs of portable CO2 sensors and the measurement system for long-term forest floor CO2 efflux observation. Field investigations were conducted in a deciduous broadleaf forest using the above methods. Results indicated that the temperature dependency of CO2 efflux was not constant through the year and varied according to seasons. They also indicated that the separation of CO2 transfer and CO2 production processes is effective to clarify the soil moisture effects on CO2 efflux. Carbon emission from the forest floor in the forest was influenced by temperature and water condition in summer especially. It accounts over 50 percentages of the nocturnal net ecosystem exchange. This result indicated that the climate condition including soil temperature and water content in summer strongly affected the carbon balance in the forest ecosystem.

Site

KWG

Remarks

in Japanese with an English abstract