森林総合研究所フラックス観測ネットワーク / FFPRI FluxNet

データベース

FFPRI FluxNet データベース (FFNet DB)

森林総合研究所フラックス観測ネットワークでは、森林総合研究所が運営する国内森林の観測タワーで測定された微気象データを、データベースとして提供しております。 データベースでは、森林-大気間のエネルギ、水蒸気、二酸化炭素輸送量や、森林群落上の気温、湿度、風速、日射量などの観測成果を、数値データの形でご利用いただけます。

FFPRI FluxNet データベースのデータ利用にあたっては、利用条件をご承諾いただく必要があります。
データの利用を希望される方は下記の利用条件をご熟読の上、利用申請のページから申請を行ってください。


FFNet DB / 収録要素・利用条件 (このページ) 
配布データ一覧 
データ更新履歴 
データ利用申請 

収録要素

要素名略称単位
降水量PPTmm
気温Ta°C
相対湿度Rh%
風速Ums-1
風向WD°
全天日射量SdWm-2
上向き日射量(反射)SuWm-2
下向き光合成有効放射量Pdμmol m-2s-1
上向き光合成有効放射量(反射)Puμmol m-2s-1
正味放射量RnWm-2
地中熱流量GWm-2
顕熱フラックスHWm-2
潜熱フラックスlEWm-2
摩擦速度Ustms-1
CO2フラックスFcμmol m-2s-1
群落内CO2貯留変化量Scμmol m-2s-1
正味生態系(CO2)交換量NEEμmol m-2s-1
生態系呼吸量Reμmol m-2s-1
総生産量GPPμmol m-2s-1

データの時間間隔

30minutes

利用条件

  1. FFPRI FluxNetから提供するすべての数値データと画像データ(以降、特に断らない限りデータと呼ぶ)の著作権は、(研)森林総合研究所にあります。
  2. データの利用は学術研究、教育目的に限ります。商業利用は禁止いたします。
  3. 利用目的が学術研究、教育目的であっても、他のデータ利用者の利用目的に支障を来す場合、データ利用をお断りする場合があります。また、データ提供者はFFPRI FluxNetのデータを使用した研究成果に対して、共著者になる権利を主張する場合があります。
  4. 数値データを利用するためには、利用申請と許可が必要です。申請内容は該当するデータ提供者および関係者によって審査され、数値データの利用許可は申請者本人のみに与えられます。数値データを第三者に譲渡する事は禁止します。
  5. データに含まれるエラーやミスに対し、FFPRI FluxNetは責任を負いません。利用者の自己責任においてデータをご利用ください。なお、データの内容は、更新される可能性があります。
  6. より正確なデータ提供のため、利用者がデータのエラーやミスを発見した場合、下記事務局までご連絡下さい。
  7. データを利用した成果を公表する場合、下記の例を参考にFFPRI FluxNetのデータを使用したことを明示するとともに、各サイトの主要成果を引用して下さい。

    【引用例】

    和文: 森林総合研究所. FFPRI FluxNetデータベース(http://www2.ffpri.affrc.go.jp/labs/flux/)2010年3月31日(データ掲載日)
    英文: Forestry and Forest Products Research Institute. FFPRI FluxNet Database, (http://www2.ffpri.affrc.go.jp/labs/flux/) March 31st, 2010 (data publication date)

  8. データを利用した成果を公表する場合、その旨下記事務局までご一報下さい。なお、成果の印刷物が出来上がった際は、下記まで1部をお送りください。


FFPRI FluxNet運営委員会事務局:

森林総合研究所 森林防災研究領域
〒305-8687 茨城県つくば市松の里1
email: