Updated: 2010-09-16

ポータブルシステム: 比較観測4 富士吉田 (FJY)

ポータブルシステムの消費電力を抑えるため、省電力タイプの超音波風速温度計を導入しました。 また、メインユニットを測定高度近くに設置できない場合を想定し、長いサンプリングチューブを使って観測を行ないました。 観測を行ったのは 観測1 と同じ山梨県の富士吉田森林気象試験地で、新しく導入した超音波風速温度計(CSAT3, Campbell)の動作確認およびチューブ長変更の影響を調べました。

観測期間

2010年4月8~20日

観測サイト

富士吉田森林気象試験地(アカマツ林)
位置: 35° 27.275' N, 138° 45.737' E., 標高: 1030m asl.
富士吉田 (FJI) サイト情報の詳細

観測の様子

アカマツ林の様子
SATと採気口の設置