FWDB top

森林理水試験地データベースとは?
  森林に降り注いだ雨や雪は、葉や幹に付着して蒸発したり、根から吸収されて蒸散したりしてその一部は大気に放出され、また一部は地表や地中を移動して河川に流出し、森林の外へと出て行きます。森林に入る水と出て行く水の量の収支(水収支)は、時間の経過とともに変化しますが、その様子は樹種構成や樹木の大きさといった森林の状態、そして気候条件によって異なります。

  そこで森林総合研究所では、森林の状態と水収支の関係を明らかにするため、全国5か所の森林理水試験地において水収支のモニタリングを継続しています。観測データは研究に利用するとともに、紙面で適時公表してきました。本データベースは、これまで公表してきた観測データを電子ファイル化したものです。

データ利用を希望される方へ

  • データのダウンロード及び利用には、利用規約への同意と申請が必要です。
  • 具体的な手続きについては利用案内をご覧下さい。

試験地およびデータの紹介

試験地名をクリックすると、それぞれの紹介ページに移動します。

定山渓 釜淵 宝川 竜ノ口山 去川