FWDB top

釜淵森林理水試験地
沿革

  • 山形県最上郡真室川町の真室川へ、釜渕地内で合流する鶴下田沢の集水域内にあります。
  • 1937年頃水の問題が各地で議論され、水と雪の試験地として地表状態の変化と流出量の関係を明らかにすることを目的に調査が始まりました。
  • 1939年に2つの流域 (1号沢3.060ha、2号沢2.482ha) で観測が始まりました。
  • 1961年にはさらに2つの流域 (3号沢1.540ha、4号沢1.117ha) の観測が始まりました。
  • 4号沢は2000年に一時休止されましたが、現在は4つの流域で観測が続いています。
データ期間

項目
日降水量
日流出量
出典〵観測地点
基地露場
2号沢前露場
庁舎脇
1号沢
2号沢
3号沢
4号沢
1
1939-1958
1940-1958

1939-1958
1939-1958


2
1959-1978


1959-1978
1959-1978


3
1979-1993


1979-1993
1979-1993


4
1998.5-2000

1994-1998.4
1994-2000
1994-2000


5





1961-2000
1961-2000
6
2001-2005


2001-2005
2001-2005
2001-2005


出典
  1. 森林理水試験地観測報告(日降水量・日流出量)2.東北支場山形分場(釜渕森林理水試験地)(1939年1月〜1958年12月)、農林省林業試験場、p.66-118、1961.
  2. 東北支場山形試験地(川口利次・小野茂夫)(1980)釜淵森林理水試験地観測報告1・2号沢試験流域(1959年1月〜1978年12月,林業試験場研究報告,311,129-188.
  3. 細田育広・大丸裕武・村上亘・北田正憲・斎藤武史(1999)釜淵森林理水試験地観測報告−1・2号沢試験流域−(1979年1月〜1993年12月),森林総合研究所研究報告,376,1-52.
  4. 細田育広・村上亘(2006)釜淵森林理水試験地観測報告−1・2号沢試験流域−(1994年1月〜2000年12月),森林総合研究所研究報告,5(1),99-118.
  5. 細田育広・村上亘(2007)釜淵森林理水試験地観測報告−3・4号沢試験流域−(1961年1月〜2000年12月),森林総合研究所研究報告,6(3),163-213.
  6. 細田育広・村上亘・野口正二(2009)釜淵釜淵森林理水試験地観測報告−1・2・3号沢試験流域−(2001年1月〜2005年12月),森林総合研究所研究報告,8(1),51-70.
試験地諸元

所在地 山形県最上郡真室川町大字釜渕 流域地形図
水系 真室川水系
緯度 北緯38° 56'
経度 東経140° 15'
標高 (m) 145*
*気象観測露場

  1号沢 2号沢 3号沢 4号沢
流域面積 (ha) 3.060 2.482 1.540 1.117
標高 (m) 162〜252 166〜248 172〜244 177〜244
地質 凝灰岩・頁岩質凝灰岩
土壌 褐色森林土壌
植生 落葉広葉樹林 (ブナ、ミズナラ、コナラ、など)
および人工林 (主にスギ)
平均気温 (゚C) 9.9**
年降水量 (mm) 2448.0**
**1938〜1979年の平均値

現地の様子

気象露場 1号沢
それぞれの写真をクリックすると、より大きな画像をご覧になれます。

連絡先

独立行政法人 森林総合研究所 東北支所 森林水流出担当チーム長