FWDB top

竜ノ口山森林理水試験地
沿革

  • 岡山県南部、旭川下流部の小山稜に位置します。
  • 大正末に相次いだ干ばつによるため池の水不足をきっかけとして、寡雨地域における森林の水源涵養機能を明らかにする目的で調査が始まりました。
  • 1937年に2つの流域 (北谷22.6ha、南谷17.3ha) で観測が始まり現在に至ります。
  • 竜ノ口の表記は、竜の口、龍之口などさまざまですが、近年は国有林表記に合わせて「竜ノ口」としています。
データ期間

項目
日降水量
日流出量
出典〵観測地点
露場
露場
北谷
1
1937-1958
1937-1958
1937-1958
2
1959-1977
1959-1977
1959-1977
3
1978-1980
1978-1980
1978-1980
4
1981-2000
1981-2000
1981-2000
5,6
(誤植修正済)
2001-2005
2001-2005
2001-2005

出典
  1. 農林省林業試験場(1961)4.関西支場岡山分場(竜の口山森林理水試験地)1937年1月〜1958年12月,森林理水試験地観測報告,173-225.
  2. 関西支場防災研究室・岡山試験地(1979)竜ノ口山森林理水試験地観測報告(1959年1月〜1977年12月),林業試験場研究報告,308,133-195.
  3. 防災研究室・岡山試験地(1981)竜の口山量水試験地報告,林業試験場関西支場年報,22,56-69.
  4. 後藤義明・玉井幸治・小南裕志・深山貴文(2005)竜の口山森林理水試験地観測報告(1981年1月〜2000年12月),森林総合研究所研究報告,4(1),87-133.
  5. 玉井幸治・後藤義明・小南裕志・深山貴文・細田育広(2008)竜ノ口山森林理水試験地観測報告(2001年1月〜2005年12月),森林総合研究所研究報告,7(3),125-138.
  6. 玉井幸治・後藤義明・小南裕志・深山貴文・細田育広(2010)誤植:竜ノ口山森林理水試験地観測報告(2001年1月〜2005年12月),森林総合研究所研究報告,9(3),149-151.
試験地諸元

所在地 岡山県岡山市祇園 流域地形図
水系 旭川水系
緯度 北緯34° 42'
経度 東経133° 58'
標高 (m) 15*
*気象観測露場

北谷 南谷
流域面積 (ha) 17.3 22.6
標高 (m) 36〜246 50〜257
地質 古生層堆積岩、斜長流紋岩、石英斑岩、黒雲母花崗岩
および花崗斑岩
土壌 褐色森林土壌
植生 広葉樹二次林 (コナラ、ヒサカキ、ソヨゴ、リョウブなど)
および人工林 (主にヒノキ)
平均気温 (゚C) 14.3**
年降水量 (mm) 1217***
**1970〜1984年の平均値
***1971〜2000年の平均値

現地の様子

試験地遠景 気象露場 北谷量水堰堤
それぞれの図をクリックすると、より大きな画像をご覧になれます。

連絡先

独立行政法人 森林総合研究所 関西支所 森林水循環担当チーム長